カメラ初心者 最初に買うカメラはこれだ

スポンサーリンク

写真を撮ることを趣味のひとつにしたいと思い、さてカメラはどんなカメラを買ったらいいかと初心者なら悩むと思う。

カメラ初心者ならばどんなカメラを選べばよいのだろう。

今どきならiPhoneなどスマホのカメラ機能も優れてきたので下手なコンデジ(コンパクトデジタルカメラ)より綺麗に撮れたりするが、さすがに趣味のひとつとするならスマホで写真を撮っていますといっても恰好はつかない気がする。

やはり、カメラ単体の製品を手に入れたい。

とすると

  • コンデジ
  • ミラーレス一眼カメラ
  • 一眼レフカメラ

3つのカテゴリーに分かれるだろう。

まず、コンデジは価格は安価(2万円~5万円ぐらい)だし、ほぼシャッターを押すだけでスナップ写真などを撮れてしまうのでいいのだけれど、機能的にはミラーレス一眼や一眼レフカメラより劣ってしまうし、スマホがあるならコンデジなど必要ないと思われる部分もあるのでここでは除外したい。

次に最近では若い女性に人気があるのがミラーレス一眼カメラ。

3つめの一眼レフカメラとの違いは構造的にレフ(鏡)が内蔵されているか、いないかということだが、あえて今回は初心者として詳しくは説明しない(検索するればすぐに出てくるので興味があれば調べてみよう)。

その他の違いとしては一眼レフカメラより小さくて軽いということだろう。

だから重い一眼レフカメラより取り回しがよいということで女性の人気が高いと思われる。

また、女優さんのレビコマーシャルが放送されたりしたのでその影響もあり女性ユーザーが多いのだろう。

カメラの機能的には被写体の周囲をボケさせて撮ることができるなど、一眼レフカメラとほぼ同じ機能がある。価格的にも少し安くなっている。

3番目が一眼レフカメラだ。アマチュアカメラマンと自称する人のほとんどがこのタイプのカメラを使っている。

もちろんプロのカメラマンが使っているのもこの一眼レフカメラである。

カメラの画素数、オートフォーカス機能、光学センサー技術など、すべての面で優れている。

そして、カメラ本体のほかに多種多様のレンズが使えるのも人気のひとつだ。2番目のミラーレス一眼も交換レンズが用意されているが、一眼レフカメラには及ばない。

この一眼レフカメラの中でもエントリーモデルと呼ばれるものとハイアマチュアモデル、プロ用モデルと別れている。

エントリーモデルで6万円台~15万円台、ハイアマチュアモデルで20万円台~40万円台。

当然、プロ専用モデルは初心者には無理なのでこの2つのモデルから選ぶことになると思う。

カメラ初心者としてはまずはエントリーモデルからと言われると思うが、予算的に余裕があるのならハイアマチュアモデルにした方が良いかもしれない。

それはカメラの機能が優れているからというだけではない。

機能と言えば実際問題、エントリーとハイアマチュアモデルとの差なんかは素人にはそうわかるもんではないと思う。むしろ、カメラ本体よりもレンズの良し悪しの方が差がつくと思う。

将来、プロのカメラマンを目指すわけでもないなら、エントリーモデルで十分だ。

ただ、人間というもの、その趣味にはまっていけばいくほど、道具をいいものにしたいという欲望が出てくるものである。

エントリーモデルを使っているうちに他人が使っている、ハイアマチュアモデルのカメラが欲しいと思ったりもする。(自分の経験談。)

そう思ってしまうと無理してローンを組んでもいいもの(高いもの)に買い替えてしまい、エントリーモデルが無駄になってしまう。(経験談。)

ならば、初めからある程度いいカメラを手に入れた方がいいかもと考えるのである。

まあ、ほんと実用的にはエントリーモデルで十分なのだが。(実際、現在のエントリーモデルは一昔前のハイアマチュアモデルの域に達している。)

現実的にはカメラ本体ボディより、予算をレンズに向けた方がいいだろう。

レンズには単焦点レンズ、広角レンズ、望遠レンズ、魚眼レンズなどいろいろな種類があり、使い道がある。

写真を撮っていくうちにそれが風景だったり、花などの植物だったり、ポートレートだったりとその分野において向いているレンズが欲しくなると思う。

だからとりあえずは予算をカメラ本体に回さないで将来欲しくなるであろうレンズの為に取っておくことをおすすめする。(自分のための反省を込めて。)

結論として

エントリーモデルの一眼レフカメラの望遠と標準レンズが付いたダブルレンズキットがおすすめ。

そして、レンズを順次、良いものを足していくということ。

コメント