SONY 一眼カメラ α7Ⅲを買いました

この記事は約3分で読めます。
スポンサーリンク

とうとう買ってしまった。

ソニーの一眼カメラα7Ⅲ。

SONY α7Ⅲ 一眼カメラ

昨年の夏にキャノン一眼レフカメラ EOS Kiss X9i レンズキットを買ったばかりというのに。

まだ一年も立っていない。

別にEOS Kiss X9iに不満があったわけでもないのに。

とにかく欲しくなり我慢ができなくなってしまった。

というのもフルサイズのカメラがどうしてもほしくなってしまったからだ。

EOS Kiss X9iはフルサイズではなくAPS-Cサイズ。

レンズ交換式デジタルカメラは大きく分けてフルサイズ、マイクロフォーサーズ、APS-Cに分けられる。

この違いは画像センサーの大きさの違いでフルサイズが一番センサーのサイズが大きくなる。

センサーが大きければ光を多く集めることができ、夜景などをきれいに撮れるし、ボケもきれいにぼかせることができたりする。

また画角も大きい。

簡単に言ってフルサイズのがいろいろな面で優れているということ。

僕自身はもともとカメラのことなど何ひとつ知らずに写真を撮り始めてきたので最近までフルサイズやAPS-Cサイズ違い、知識などまったくなかった。

だからキャノンのカメラも単に思いつきで買っていたのだ。

まあ、有名だしいいのだろうという感じで。

が、写真を積極的に撮るようになり、ツイッターなどにも投稿するようになると多少、カメラに対する知識も増えてきた。

ツイッターにきれいな画像で掲載された写真がフルサイズのカメラだとしると自分も欲しくなってしまった。

ネットでフルサイズのカメラの情報などを知れば知るほど欲しいという気持ちが強くなってきた。

キャノンEOSでもそこそこきれいに撮れていたので満足していたのだが、まあなんというか欲しいものは欲しいという子供みたいな思いになってしまった。

去年、買ったキャノンEOSさえ使いこなしてないのにバカか。

そしてついにネットで購入。

いや、ほんとバカですね。

キャノンEOSや買い足したレンズはメルカリで売った。

もちろん半額以下。

それでも中古の専門ショップで売るよりましだった。

カメラのキタムラとかの中古店だと本当に二束三文。

50mmの単焦点レンズなどホコリがあるとか言われ1,000円とか言われた。

メルカリなら2万円以上で売れた。

まあメルカリで売れて良かった。

で、ソニーの一眼カメラα7Ⅲだが買って良かったのか。

実はよくわからない。

これは僕のカメラに、写真に対する知識が乏しいせいでもある。

実際に撮った写真を見てもそれほど画質の違いは感じられない。

これはレンズの差もあるかと思う。

EOSに装着したレンズはそこそこいいものだったが、α7Ⅲで使っているレンズはスタンダードのもの。

α7Ⅲのボディを買うだけでお金が余裕がなくなったからだ。

やはりカメラはボディの性能だけではない。

それを活かすレンズも当然必要になるということ。

結果、買ったことに対してどう思うか。

まあ、フルサイズのカメラを手にしたという満足感はある。

自己満足であるが。

まあ、これからレンズなどを買い揃えていけば良い写真が撮れるのだと思う。

と、自分になっとくさせるかない。

教訓。

どうせ買うなら最初から良いものを買っておくべきだった(自分の性格からして)。

これからの自分が怖い。

交換レンズを良いものをどんどん欲しがりそうだから。

これにはまるときりがなよ。

タイトルとURLをコピーしました